2PMのウヨンが入隊した白頭山部隊(第21師団)とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

軍事境界線の防衛

白頭山は中国との国境沿いにあるので、李承晩大統領が命令した「白頭山まで進撃する」ということは、すなわち北朝鮮軍を完全に国土から追い出すことなのだ。
そんな李承晩大統領の悲願を実現するための部隊だったので、第21師団は「白頭山部隊」と呼ばれるようになった。




この白頭山部隊が駐屯しているのは、江原道(カンウォンド)の楊口(ヤング)郡である。まさに、韓国中部の最北端にある。
地形的には完全な山岳地帯で、アップダウンが多い。もちろん、冬は大変な寒さに襲われる地域だ。
そんな場所を守っている白頭山部隊。一番重要な任務が、軍事境界線の防衛だ。なんといっても白頭山部隊は最も長い距離の軍事境界線を守っていると言われている。(ページ3に続く)

FTISLANDのイ・ホンギが入隊する白頭山部隊(第21師団)とは何か?

FTISLANDのイ・ホンギが兵役の最初に受ける新兵訓練とは?

2PMのウヨンはどんな新兵訓練を受けるのか

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

Kポップファンのための兵役知識2「入隊」

Kポップファンのための兵役知識3「新兵訓練の準備」

ページ:
1

2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る