韓流スターの兵役直前!ファンもこれだけは知っておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あこがれの韓流スターが兵役に入る直前になったら、ファンも様々なことが気になるはず。兵役の事情をよく知らないと、心配も増えてしまう。そこで、最低限知っておくべきことをここで整理してみよう。

写真=韓国陸軍公式サイトより

どこで兵役を履行するか

一口に兵役と言っても、行く場所には様々な種類がある。
一番多いのは、現役兵として各師団に所属して軍務に励むことだ。
この場合は、射撃訓練や体力トレーニングをしたりして、兵士としての基本的なことを身につけていく。




同じ現役兵になるケースでも、選抜試験を受けて義務警察に行くという方法もある。この場合は、各地の地方警察庁に所属して、警察隊員として広報活動や通常の警察業務をしたりする。
3つ目は、社会服務要員として公的機関で勤務をすること。たとえば、徴兵検査で4級になると、補充役となって社会服務要員になるのが一般的だ(ちなみに、1級、2級、3級の場合は現役兵となる)。
社会服務要員になると、役所などで一般職員と同じように午前9時から夕方まで勤務して、土日は休みだ。(ページ2に続く)

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

これが「社会服務要員」のすべて!

超解説!社会服務要員とは何か?

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る