イ・ジュンギが考える「俳優として長く活動できる秘訣」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

かつて、イ・ジュンギには韓国でアンチが多かった。特に、それは男性の側から生じていた。理由はわかっている。イ・ジュンギが、女性的な美しさが大評判になって世に出たからだ。肉体的な強さこそが男の魅力、と考える男性たちはイ・ジュンギを標的にした。

「人間性」と「才能」

イ・ジュンギが「日本が好き」と言ったときも、相応に批判が起きた。しかし、批判した人たちは、イ・ジュンギの映画デビュー作が大ヒットした『王の男』ではなく日本映画の『ホテルビーナス』(2004年)であったことを知らなかった。
最初に、イ・ジュンギの才能を認めて抜擢したのは日本だ。
そういう背景を知らずにイ・ジュンギを批判するのは的外れだった。




しかし、イ・ジュンギは辛抱強かった。彼は「人間性」と「才能」の両面でむしろ評価を高めた。その結果、批判の声はやんだ。
ここで言う「人間性」は謙虚さだ。
「才能」は言うまでもなく演技力である。
イ・ジュンギは時間をかけて自分を正当に評価してもらえる状況をつくり出した。
今はSNSで誰もが言いたいことを言う時代。自分を正当に評価してもらうのは難しいのだが、イ・ジュンギは生きる姿勢によってそれをなし遂げた。(ページ2に続く)

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

https://goo.gl/KBWDB5

イ・ジュンギ!持続するパワーを備えた驚異の俳優

イ・ジュンギが強烈な俳優魂を『無法弁護士』で見せる!

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る