イ・ジュンギ!持続するパワーを備えた驚異の俳優

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「精力的」という言葉は、イ・ジュンギのためにあるのではないか。そんな風に思えるほど、イ・ジュンギは、活動が持続的でパワフルだ。彼のエネルギーの源には一体何があるのだろうか。

毎年1本ずつの主演作

兵役が終わって芸能界に復帰した後、イ・ジュンギは休みなくドラマに出ている。
・2012年『アラン使道伝』
・2013年『Two Weeks』
・2014年『朝鮮ガンマン』
・2015年『夜を歩く士(ソンビ)』
・2016年『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』
・2017年『クリミナル・マインド』
・2018年『無法弁護士』




1年に必ず連続ドラマに出演しているイ・ジュンギ。言葉で言うのは簡単だが、これはなかなかできることではない。
まず自分に合った企画が必要だし、連続ドラマに取り組もうという意欲が要るし、それをやり抜く体力が欠かせない。しかも、一番大事なのは、継続してオファーがなければならない、ということだ。
それらをすべてクリアして、疾走しているのがイ・ジュンギだと言える。(ページ2に続く)

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

https://goo.gl/KBWDB5

イ・ジュンギが考える「俳優として長く活動できる秘訣」とは?

イ・ジュンギが強烈な俳優魂を『無法弁護士』で見せる!

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る