『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

希有な存在感を持った俳優

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




キム・シンという特異な存在を自然体で演じられるところがコン・ユの俳優としての魅力である。
彼は、天性の俳優というわけではない。むしろ、自分のすべてを注ぎ込んで少しずつ成長してきた俳優だ。
しかし、その成長の陰には数多くの苦悩があった。
端的に言えば、妥協することができれば、コン・ユは芸能界という浮き沈みの激しい世界で、もっと巧みに立ち回ることができたはずだ。
しかし、彼は自分を抑えて妥協してまで、この世界で小さな成功をおさめようとは思っていない。
それが、何事にも全力を尽くすコン・ユという俳優なのだ。




演技に対する心情はどこまでも純粋で真摯だ。多くの脚本家や監督からオファーを受けるのも、その姿勢が厚く信頼されているからだ。
そして、『トッケビ』でまたコン・ユは、希有な存在感を持った俳優であることをドラマを通して証明した。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』が韓国ドラマの本流を作る幸せ!

ページ:
1 2 3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る