『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

落差こそが人間的な魅力

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




それにしても、コン・ユが出演を決めた際にキム・ウンスク作家に送った「こんなに小心で怖がりなトッケビ(鬼)でも大丈夫であれば、一緒にやりましょう」というメッセージは面白い。
実際に、『トッケビ』の中でコン・ユが演じているキム・シンは「小心で怖がりなトッケビ」そのものではないか。
確かに、キム・シンは900年以上も前の高麗時代に王に裏切られて胸に剣を刺された将軍だった。しかし、現代まで生き続けている彼は、同居する死神とは小さいことでいつもモメているし、胸の剣を抜いてくれるかもしれない高校生のウンタクに次々と攻め込まれてタジタジになってしまっている。
背負っている宿命は重いのだが、現代に生きる男にしては小心の部分が多いのだ。




その落差がまたキム・シンの人間的な魅力になっているのだが、コン・ユはそんなキム・シンを「ときに馬鹿がつくほどに真面目に、ときに見ている人がハラハラするほどに不器用に」演じている。(ページ4に続く)

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』を韓国の視聴者はどう評価したのか

ページ:
1 2

3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る