『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

これ以上は断れない

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




先に制作を完了して放送するという「事前制作」であれば、コン・ユもそこまで不安を抱えないのだが、韓国ドラマの通常のスタイルでは、撮影しながら放送するという「生放送」に近い状況に陥ってしまう。そのことをコン・ユは、体力的にも精神的にも恐れてしまうのだった。
そういう意味で彼は「長い時間をかけてじっくりと撮影する映画のほうが自分には合っている」と考えていたのである。
ただ、俳優はオファーがあってこそ自らの道を切り開いていける立場だ。しかも、キム・ウンスク作家が5年にわたって熱心に誘ってくれている。さすがに、コン・ユも断りきれなくなったというのが正直なところではないのか。
そんな風に始まったのが『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』であった。




キム・ウンスク作家は、すばらしい脚本を書くのだが、物語の後半になると勢いが落ちると批判されることもあった。
しかし、念願だったコン・ユの主演が実現できて、キム・ウンスク作家は最後の最後までエネルギーを保ち続けたまま『トッケビ』の執筆を終えた。(ページ3に続く)

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』を韓国の視聴者はどう評価したのか

ページ:
1

2

3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る