2PMの他のメンバーはいつまで兵役に行けばいいのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年9月にテギョンが兵役に入り、2018年5月にはJun.k(ジュンケイ)が入隊した。2PMの他のメンバーで韓国の兵役の義務を負っているのはウヨン、ジュノ、チャンソンの3人。彼らは、いつまで兵役に行けばいいのだろうか。

写真=韓国陸軍公式サイトより

兵役年齢の計算方法

韓国の兵役法では、「30歳を超えて兵役を延期できない」という規定がある。つまり、どんなに遅くとも30歳までに兵役に入らなければならないのだ。
この場合の年齢の数え方は、兵役法に従っている。それでは、どのように年齢を計算するのだろうか。
わかりやすく言えば、「現在年-出生年」がその年の兵役年齢になる。たとえば、1988年生まれだと仮定すると「2018-1988」となり、2018年には30歳ということになる。




この年齢が1月1日から12月31日まで適用されるのであり、誕生日は関係がない。あくまでも出生年が大事であり、そこから現在の兵役年齢が割り出される。このことをしっかり覚えておくと、兵役の入隊制限年齢がわかりやすくなる。
たとえば、Jun.Kの場合は1988年1月15日生まれなので、兵役年齢で言うと、2018年の1月1日から12月31日までが30歳の扱いであった。
30歳というと、兵役年齢のタイムリミット。彼は今年中に入隊しなければならなかったのだ。(ページ2に続く)

2PMのJun.K が入隊した怒濤(どとう)部隊とは?

2PMテギョンのように一等兵になると軍務はどうなる?

「助教」は2PMのテギョンにふさわしい兵役!

白馬部隊でスタートした2PMテギョンの兵役生活!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る