朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔6〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

18世紀末から財政難にあえいでいた徳川幕府は、莫大な経費がかかりすぎる朝鮮通信使の応接の改革に乗りだした。その結果、経費を少しでも軽減するために、12回目にして初めて文化8年(1811年)の朝鮮通信使を対馬で応接している。

徳川幕府の崩壊

19世紀になると、日本と朝鮮半島との間の善隣友好関係にも、暗い影がさすようになった。
朝鮮王朝では、19世紀前半は悪政と凶作が続き、その上、欧米諸国の外圧をひんぱんに受けるようになり、政情が非常に不安定であった。
日本も同様であり、徳川幕府は黒船来航を初めとする外圧や深刻な財政難のために朝鮮通信使を日本に招くことができないでいた。




さらに文久元年(1861年)には、幕府と朝鮮王朝の橋わたし役を果たしていた対馬にロシア軍艦が侵入する事件などが勃発したりして、日朝両国の関係も混乱する一方であった。
こうした流れの中で、ついに1868年に徳川幕府が倒れ、あたらしい明治維新政府が発足した。
その直後には、日本から新政府樹立を告げる使節が釜山に派遣されている。(ページ2に続く)

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔1〕

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔2〕

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔3〕

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔4〕

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔5〕

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る