朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔5〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1719年の朝鮮通信使は、江戸時代の全12回の中で9回目の使節であった。徳川吉宗の襲職祝賀のために訪れており、総人員は475人にのぼっていた。このときの朝鮮通信使の製述官が申維翰(シン・ユハン)であり、彼は日本紀行文として名高い『海游録』を残している。

「礼」をめぐる対立

対馬藩の真文役として朝鮮通信使の接待に中心的役割を果たし、なおかつ、申維翰とも親密な交際をしたのが雨森芳洲である。そのときの状況は『海游録』に詳しく述べられている。
朝鮮通信使の一行が対馬藩主の宗義誠の出迎えを受けたのは1719年6月27日のことであった。翌日、申維翰は雨森芳洲と初めての対面を果たした。
それ以前から、申維翰は雨森芳洲が漢語と詩文によく通じており、日本でも抜きん出た人物であると聞いていた。




申維翰と雨森芳洲は、知り合って早々に、「礼」をめぐって激しく対立する。
ことの発端は、申維翰が対馬藩主に招待されたところから始まる。彼は、通訳と書員、画員を伴って宴席に臨むが、格式では対馬藩主と対等であることを主張して、藩主に拝礼することを拒否した。
そんな申維翰に対して、雨森芳洲は「今までの礼を廃することは、我々をあなどるものである」と猛然と抗議する。朝鮮王朝側の通訳も、申維翰に思いとどまるように説得する。しかし、申維翰は一歩も引かない。(ページ2に続く)

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔1〕

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔2〕

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔3〕

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔4〕

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る