ジョン・ヨンファが所属する第2軍団・第702特攻連隊とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ジョン・ヨンファは、江原道(カンウォンド)の華川(ファチョン)郡にある第15師団(勝利部隊)の新兵教育隊に3月5日に入った。ここで、5週間の新兵訓練を受けた彼は、優秀な成績で新兵教育隊を修了。今度は、自分から志願して第702特攻連隊に入隊して本格的な軍務を開始した。

写真はイメージです(韓国陸軍公式サイトより)

優秀な成績が評価された

第702特攻連隊は、韓国陸軍の中で第2軍団に所属している。
通常、陸軍で最も大きな部隊が師団に該当するが、非常に大きな作戦を遂行するうえで、いくつかの師団を束ねて軍団を形成する。
その軍団の中の1つが第2軍団だ。
そして、第2軍団を具体的に形成しているのが第7師団、第15師団(勝利部隊)、第27師団などである。




ジョン・ヨンファは第15師団の新兵教育隊で5週間の訓練を受け、自隊配置(新兵教育を受けた師団にそのまま配属されること)を受けた形になった。
特攻連隊の場合は志願によって入隊することが可能であり、所属事務所の説明によると、ジョン・ヨンファは自ら特攻連隊への入隊を志願したという。
ただし、特攻連隊に志願しても誰もが入れるわけではない。やはり、新兵教育隊で優秀だったことが評価されたのである。(ページ2に続く)

ジョン・ヨンファが入隊した勝利部隊(第15師団)はどんな部隊なのか?

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る