兵役での「補充役」とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近、兵役に関するニュースの中でも「補充役」という言葉がよく出てくる。この補充役というのは、何を意味しているのだろうか。具体的に説明していこう。

厳しい訓練で怪我をして補充役になる人もいる(写真=韓国陸軍公式サイトより)

徴兵検査の4級が補充役

現役兵としていったん入隊した後で、補充役に変わって社会服務要員になる人が最近は目立っている。芸能人の中にもそういう例がいくつかある。
それによって、補充役に関心が集まっている。
その補充役を説明するために、最初に徴兵検査における兵役等級について見てみよう。韓国の男子が徴兵検査を受けて身体や精神の健康状況を検査されると、そこで総合的に兵役等級が決まってくる。




この兵役等級は7段階にわかれている。
1級から3級までに判定された人はそのまま現役兵となって軍隊に入隊する。
そして、4級と判定された人が補充役である。怪我の後遺症があるとか、何か持病を抱えているとか、そういう病歴などによって現役での兵役が難しいと判断された人が補充役になるのである。
兵役等級に戻ると、5級が「第二国民役」(戦時に軍務の協力をするが、平時は兵役免除と同様)となり、6級が兵役免除になる。そして、7級と判定された人は徴兵検査の再検査対象者に該当する。(ページ2に続く)

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る