朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔1〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝鮮通信使の概要

朝鮮通信使の最初の3回は、国交回復後の戦後処理を主な目的としており、正式には「回答兼刷還使」と呼ばれた。徳川幕府からの来日要請に対する回礼という意味で「回答」を使っており、同時に、朝鮮出兵によって日本に連れてこられた捕虜を連れて帰る「刷還使」を兼任していたのである。
第4回目は泰平祝賀、第5回目は将軍家の嫡男誕生祝賀が来日目的だったが、第6回目以降はすべて、将軍の襲職祝賀を名目として来日している。つまり、朝鮮通信使が定例化されてからは、「御代替祝儀の信使」であったわけだ。
朝鮮通信使の一行は、正使、副使、従事官を正式な三使とし、随員を加えておよそ400人から500人規模の使節団が漢陽(ハニャン/現在のソウル)と江戸の間を往復した(最後の使節となった第12回目は対馬で聘礼を行なっている)。随員には、通訳、製述官、武官、医師などの他に、贈答品の管理輸送に当たる者から多数の船員まで含まれていた。




経路は、釜山から船で対馬、壱岐、瀬戸内海を経由して大坂に上陸し、そこから淀川をのぼって京都にのぼってからは、陸路を江戸まで向かった。江戸に至るまでの警護・接待は沿道の各藩がそれぞれに担当し、幕府からも東海道の岡崎まで出迎えの使節を派遣したが、その饗応のために各藩や幕府は莫大な出費を覚悟しなければならなかった。
福岡藩の例を見てみよう。朝鮮通信使の寄港地となる藍島の整備のために、福岡藩が1682年に送りこんだ人夫は3500人にのぼったという。東西65間、南北70間の敷地に新築された使節一行のための宿舎は合計24軒。庭の竹はわざわざ京都から運ばせた。また、使節船団の警護・曳航のために用意した船舶は500隻で、水夫は3000人以上も集められた。(ページ3に続く)

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔2〕

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔3〕

世界遺産となった朝鮮通信使とは何か

明治維新150年!当時の日韓関係は?

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る