パク・ボゴムは翼善冠(イクソングァン)が本当によく似合う

このエントリーをはてなブックマークに追加

『雲が描いた月明り』についても紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

翼善冠がよく似合った主役

『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じたイ・ヨンは、歴史的には孝明世子(ヒョミョンセジャ)と呼ばれた。史実では1809年に生まれている。
朝鮮王朝の後期の人物だけに、『雲が描いた月明り』でもパク・ボゴムは高さのある翼善冠をかぶっていた。
冠があれだけ高いと、かぶる人の顔の形によって見え方に差が出るのだが、パク・ボゴムの場合は実にサマになっていた。
おそらく、今までの韓国時代劇の中でも『雲が描いた月明り』のイ・ヨンが、翼善冠をもっとも粋にかぶっていたのではないだろうか。




パク・ボゴムは細面で顔が小さめだ。それゆえに、翼善冠をかぶった姿もスマートで顔との収まりも良かった。
劇中でも、パク・ボゴムが演じたイ・ヨンはキリリとした表情をしている場面が多かった。その際に高さがある翼善冠がイ・ヨンの威厳をフォローしていた。それでいてツンデレな一面を見せるところがまた魅力的であったのだが……。
他の作品でもぜひパク・ボゴムが翼善冠をかぶる場面を見てみたい。今後もまた彼が時代劇に出て国王や世子を演じる機会があることを期待したい。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

爽やかなパク・ボゴム!試練が与えた優しさ

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは時代劇屈指のキャラクター!

パク・ボゴム!いま次回作が一番期待されている俳優

パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で「家族の絆」を実感!

パク・ボゴムがイ・ヨンを演じた『雲が描いた月明り』の重要な歴史解説!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る