兵役の給料が2018年から大幅アップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役は韓国男子の義務とはいえ、兵役期間中には給料が支給される。しかし、その額は非常に少なかったのだが、今年から大幅にアップしている。果たして、どのくらい上がったのだろうか。

写真=韓国陸軍公式サイトより

抜本的に給料を改善

2018年の兵役中の兵士たちの給料を見る前に、去年の支給額を見てみよう。
2017年は、各階級によって給料は次のようになっていた。なお、日本円への換算は10ウォンを1円として計算した。また、兵役中の階級は二兵(二等兵)から、一兵(一等兵)、上兵(上等兵)、兵長と昇級して除隊となる。




二兵 16万3000ウォン(1万6300円)
一兵 17万6400ウォン(1万7640円)
上兵 19万5000ウォン(1万9500円)
兵長 21万6000ウォン(2万1600円)
この金額を見てもわかる通り、給料が出るとは言っても、一般の社会人の給料と比べると桁(けた)が違っていた。
あまりに給料が低すぎると個人の負担が大きくなってしまうので、韓国の国防省は抜本的に給料を改善する方針を明らかにしていた。
ここ数年は段階的に引き上げてきたのだが、2018年はさらに大幅にアップすることになった。(ページ2に続く)

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る