韓国で一番多く使われる言葉は「ウリ(私たち)」!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の人たちは「私たち」という意味の「ウリ」という言葉をよく使う。会話だけでなく、テレビニュースを見ていると、アナウンサーが「ウリ」を連発する。そこで、「ウリ」という言葉から韓国社会を見てみよう。

ウリ同士は本当に楽しい!

「ウリ」の中と外の違い

「ウリナラ(私たちの国)」
「ウリトンネ(私たちの町内)」
「ウリカジョク(私たちの家族)」
「ウリハッキョ(私たちの学校)」
韓国人の会話の中では「ウリ」が大連発だ。




自分の息子を呼ぶときも「ネアドゥル(私の息子)」というより、「ウリアドゥル(私たちの息子)」と言うことが多い。「私」より「私たち」のほうが通りがいいのだ。
たとえ今日知り合った仲でも、言葉を交わしてお互いに紹介しあえば、それで「ウリ」同士になる。そして、「ウリ」の範囲に入った人には、本当に親身になって世話をしてくれる。
一方、韓国で道を尋ねたときに、わりと素っ気ない人が多いのも確かである。日本人は、他人に対してもそれなりに親切にすることが多いのだが、韓国人は、他人に対してあまり関心を示さない。
もちろん情が強い国民性なので、知り合えば本当にここまでやるかというくらいに面倒を見てくれるのだが、「ウリ」の中に入らない他人は別なのである。(ページ2に続く)

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

少女時代の問題は韓国の何を物語っているか

韓国の哀しみは韓国にいないとわからない

日韓政治問題に翻弄されない「頼もしき韓流」

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る