究極の犠牲愛!『雲が描いた月明り』のユンソン

このエントリーをはてなブックマークに追加

決して後悔はしない

世子といえば、次の国王になる身分であり、そんな王族とライバル関係にあっては立場が弱い。しかし、ユンソンは一途にラオンを愛し、自らエリート官僚の身分さえ捨てる覚悟であった。
官僚政治が強力だった当時の朝鮮王朝。名門一族の御曹司が、政治よりも女性を選ぶということはあってはならないことなのだが、ユンソンはまるで違った。彼は、様々なしがらみがまかり通る朝鮮王朝において自ら精神の自立性を持ち、1人の女性を愛し続ける情愛を持っていた。
そんなユンソンを、ジニョンは理知的に演じていた。




イ・ヨンに扮したパク・ボゴムも韓服がよく似合っていたが、ジニョンも実にサマになっていた。きりりとした目元を持った端正な顔立ちは、いかにも当時の朝鮮王朝の名門一族を思わせるし、ラオンに向ける眼差しはどこまでも優しかった。
しかも、ジニョンが演じているだけに、劇中のユンソンには、女性であれば心を奪われてしまうような美しさがあった。
そのようなユンソンに対して、ラオンは心が揺れながらも最後はどんな選択をしたのだろうか。
たとえどんな結果になったとしても、ユンソンは決して後悔はしなかっただろう。なぜならば、彼は究極の犠牲愛を見せて1人の女性を愛し続けたのだから……。

文=「ロコレ」編集部

『雲が描いた月明かり』の時代2【イ・ヨン(孝明世子)の生き方は?】

『雲が描いた月明かり』の時代3【イ・ヨン(孝明世子)とホン・ラオンの関係は?】

パク・ボゴムがイ・ヨンを演じた『雲が描いた月明り』の重要な歴史解説!

キム・ユジョン!『雲が描いた月明かり』で大人の女優に成長

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る