韓流の将来を憂えたイ・ビョンフン監督の10年前の提言!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今から10年前の話である。『宮廷女官 チャングムの誓い』の演出で有名なイ・ビョンフン監督は、2008年11月にソウル大学で行なわれたシンポジウムに出席して、韓国ドラマ界が抱える大問題をズバリと指摘した。

『宮廷女官 チャングムの誓い』を演出中のイ・ビョンフン監督

制作費の半分以上が出演料

ソウル大学でのシンポジウムで、イ・ビョンフン監督は憂いを含んだ表情でこう語っていた。
「韓国ドラマの1話あたりの制作費が1億3000万ウォン(約1300万円)ほどですが、韓流ブームがアジアで起こって以後、ドラマの主役の出演料が非常に上がってしまいました」




「はっきり言って、制作費の半分以上が出演料に使われるような状態なのです。こうした状況では制作費が不足してしまい、演技力とは関係なく出演料が安い俳優を使わざるをえなくなります」
「エキストラの数も減らし、わずか50人ぐらいで戦争の場面を作るような現状です。これでは、作品全体の質が落ちてしまいます」
「韓流ブームが起こってから、日本、台湾、香港などで韓国の俳優を招請してファンミーティングが盛んに開かれるようになりました。その結果、海外のファンミーティングに1回行けば、1億ウォンくらい受け取る俳優も出てきているんです」(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)の末路!廃位になった後どうなった?

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

「張禧嬪(チャン・ヒビン)よりトンイが悪女!」と言える3つの根拠

『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨン(孝明世子)の最期!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る