果たして韓流は復活したのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近の出版界で大きな話題になったのは、東方神起が表紙になった女性誌の売り上げが予想をはるかに上回って絶好調だったことだ。紅白歌合戦にもK-POPの枠が復活した。新大久保にも人が戻ってきた。今後の韓流はどうなるのか。

冬の時代を乗り越えて

日本に韓流が定着してから15年が経つ。ドラマ『冬のソナタ』の大ヒットを契機に、日本でも韓流ファンがとても増え、ドラマやK-POPの分野で韓流スターの活躍が目立った。
新大久保には、韓国のおいしい料理を食べて韓流グッズを求めるファンが大勢駆けつけて、その人気は社会現象にもなるほどだった。
そんな韓流ブームが絶好調のときに冷や水を浴びせたのが、2012年8月の李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)の言動だった。




彼は竹島(韓国名は独島〔トクト〕)に上陸して日本側を刺激し、さらに天皇陛下に対して謝罪を求めるような発言をした。
こうした言動によって、日本で嫌韓の雰囲気が起こり、それは韓流にとっても逆風となってしまった。
それが影響したのか、紅白歌合戦でもK-POPの出番がなくなり、新大久保を訪れる人も減ってしまった。韓流にとっては冬の時代が続いたのだが、最近は韓流の賑わいが戻ってきたような印象だ。(ページ2に続く)

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

https://goo.gl/xKbNVx

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

https://goo.gl/Ce47KG

「朝鮮王朝三大悪女」にはオモテとウラがある!

https://goo.gl/uBV9d6

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

https://goo.gl/nMg7Lc

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る