公約の兵役期間短縮を実現できない文在寅(ムン・ジェイン)政権

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年5月に誕生した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権。大統領選挙のときに文在寅大統領は、公約として「兵役期間の短縮」を掲げていた。しかし、米朝関係の緊張によって、その実現に着手できない状況だ。

写真=韓国陸軍公式サイトより

米朝関係の悪化が影響

韓国の兵役期間は、1977年には陸軍の場合で33カ月もあった。しかし、大統領選挙が行なわれるときによく兵役期間の短縮が公約に掲げられて、そうした大統領候補が当選することによって兵役期間の短縮が実現してきた。
1993年には26カ月、2003年には24カ月になった。そして、2011年から21カ月になっている。




文在寅大統領は、選挙のときに「21カ月の兵役期間を18カ月に短縮する」という公約を掲げていた。
莫大な予算が必要となる経済問題の改善と違って、兵役期間の短縮というのは経費がかかるわけでもなく、国民の支持を得られやすい。
そういうことで、文在寅大統領が当選した直後から「兵役期間の短縮がすぐに実現できるのではないか」という観測が生まれていた。
しかし、その後の米朝関係の緊張状態によって、現在のところ兵役期間の短縮に着手できない状況となっている。(ページ2に続く)

大統領公約の「兵役3カ月短縮」はいつ実現するのか

現役兵を除隊しても兵役はまだ終わらない

兵役体験記!新兵訓練で一番の恐怖は化学ガス訓練

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る