おウチでできる韓国家庭料理(プデチゲ編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大勢で賑やかに鍋を食べるのは楽しい。韓国ドラマを見ていても、おいしそうに鍋を食べているシーンがよく出てくる。そこで、ただ羨ましがっていないで、自ら作ってみよう。今回はプデチゲを取り上げてみた。

プデチゲの特徴

プデチゲの「プデ」とは「部隊」という意味。米軍基地の近くの人たちが米兵がよく食べるソーセージやハムを鍋に入れて食べ始めたのが韓国全土に普及したのである。辛いハムやソーセージもなかなかいける。さらに、一緒に入れるインスタントラーメンが、いかにもB級っぽくて食をそそる。
それでは、さっそくプデチゲを作っていこう。




最初に「鍋の素」を用意する。
〔鍋の素の作り方/2人前〕
・コチュジャン(辛子味噌)……大さじ5杯
・一味唐辛子……大さじ3杯
・おろしにんにく……大さじ1杯
(ページ2に続く)

おいしい海鮮チヂミの作り方

https://goo.gl/yVKWqB

初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方

https://goo.gl/Za4BCe

おウチでできる韓国家庭料理(特製キムチチゲ編)

おウチでできる韓国家庭料理(スンドゥブチゲ編)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る