ユ・スンホの選択!早めに兵役を終えて俳優に全力投球

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ユ・スンホといえば、天才子役の名をほしいままにした俳優だ。成人した後もすばらしい演技力を見せているが、彼は19歳のときに早くも兵役に入って、21カ月の軍務を終えている。その選択が意味するものは何か。

「子役も大成する」を証明

韓国にも天才子役と呼ばれた人たちが何人もいるが、正真正銘と言えるのは女性ではムン・グニョン、男性ではユ・スンホである。
彼の場合、『カシコギ』では白血病の子供という難しい役をわずか7歳でこなし、映画『おばあちゃんの家』での演技も絶賛された。
2007年には『太王四神記』で、ペ・ヨンジュンが扮したタムドクの子供時代を演じて、さらに注目されている。




こうして子役として評価を高めれば高めるほど、彼にとっては不安が大きくなった。なぜならば、韓国にも「子役は大成しない」という妙なジンクスがあるからだ。
しかし、今はこのジンクスも語られなくなった。それは、まさにユ・スンホの功績でもあるのだろう。
彼のキャリアを見ていて特筆すべきなのは、19歳のときに早くも兵役に入っているということである。(ページ2に続く)

検証!イ・ジュンギの兵役強制入隊とブラックリスト問題

輝かしい栄光をつかんだソン・ジュンギ

ソ・ジソブ/優しさと強さが共存する俳優

さすが哲人俳優コン・ユ!兵役に対して的確に指摘

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る