解説!ソ・イングクの心境告白コメントを読み解く

このエントリーをはてなブックマークに追加

「国防の義務を果たしたかった」

やはり、入隊前に再検査を受けるべきであり、それを怠ったという意味ではソ・イングクにも過ちがあったに違いない。ただ、彼は楽観的に「この程度なら軍の服務も大丈夫だ」と思ってしまったのであり、一部にある「意図的に病状を放置していた」というわけではないであろう。
なぜならば、彼はコメントの中でこう語っている。
「俳優として、歌手として堂々と現役で入隊したかったし、国防の義務をしっかりとやり遂げたかったのです」




この心境にまったく偽りはないと思われる。
芸能人が国防の義務をしっかり果たさないと、その後の芸能活動に大きく支障をきたすのは間違いないことだし、ファンからの信頼も得られない。そういう意味では、人気が落ちる一番の原因になってしまうわけで、ソ・イングクが兵役を回避したいという気持ちを少しでも持っていたとは到底考えられない。
彼が自分で告白しているように、現役兵として立派にやり遂げたかったはずだ。ただ、事情が入隊してから変わったのである。
ソ・イングクは次のように述べている。
「最初の面談のときに、小隊長様から『痛いところがあれば、あらかじめ言いなさい』と伝えられましたし、検査を受けた日に『痛いところがある人は手を挙げろ』という声があり、『足がちょっと不便なんです』と伝えました」
この点について説明してみよう。(ぺーじ3に続く)

兵役の5級判定でソ・イングクの芸能界復帰はどうなる?

ソ・イングクが受けた兵役判定の「5級」とは何か?

新兵教育隊を退所したソ・イングクの今後は?

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る