取り皿を使わずジカ箸で鍋をつつくのが韓国スタイル!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマでよく出る食事場面では、熱い鍋の具を取り皿に取らず、直接箸をつついて食べています。日本から見れば、「小皿に取って食べる習慣がないのか?」と思ってしまいますが、実際はどうなのでしょうか。

 

郷に入れば郷に従え

米が主食で箸を使うなど、日本と似た食文化を持つ韓国ですが、「器は持ち上げない」「ご飯やスープをスプーンで食べる」「渡し箸をしても良い」「女性は片膝を立てても良い」など、食事作法には違う部分がたくさんあります。そして「取り皿を使わない」というのも日本と大きく異なる点です。




韓国ではご飯やスープ以外のおかずやチゲ(鍋物)を食べるときは、取り皿を使って個人で取り分けることはしません。自分の箸やスプーンで、お皿や鍋からそのまま口に運ぶのが一般的です。
日本人にはちょっと不衛生に感じられるかもしれません。
いや、きっとそう感じることでしょう。抵抗があるのも仕方がありません。
しかし、「郷に入れば郷に従え」です。(ページ2に続く)

人の名を呼ぶときに韓国でしてはいけないこと

通常は「割り勘」をしないのが韓国のスタイル

韓国で自転車に乗る人がとても少ない本当の事情

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る