自分の最良の時期に入隊するキム・スヒョン

このエントリーをはてなブックマークに追加

決して空白ではない

俳優は自分にふさわしい作品にめぐり合うことが一番の幸せだが、現実はなかなかそうもいかない。あくまでも、俳優は依頼を受けて出演するのであり、ドラマや映画の企画によっては自分の思うようにはならないのだ。
しかし、キム・スヒョンは『ドリームハイ』でブレイクした後に、『太陽を抱く月』と『星から来たあなた』というメガヒットの作品に主演することができた。現在の20代の俳優としては、抜群の実績を誇っている。




過去にもヒョンビンやソン・ジュンギのように、しかるべき時期に兵役に入って立派な軍務をこなし、除隊後にすばらしい実績をあげている俳優がいる。たとえ、21カ月の兵役期間が芸能活動の空白になるとしても、その間に俳優として得られる経験はとても大きいのだ。
そういう経験を糧にして除隊した後に、以前より深みのある演技を発揮できる例も多い。たとえば、軍事境界線の近くで厳しい軍務を行なったソン・ジュンギは、除隊後に『太陽の末裔』で難しい軍人役を見事にこなした。キム・スヒョンにとって、良いお手本であろう。
さらには、キム・スヒョンが持っている柔らかなイメージというものが、兵役を通して骨太に変化していく可能性もある。兵役期間はキム・スヒョンにとって、空白ではなく熟成の時期になるに違いない。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

韓流スターの兵役はいつまで行かなければいけないのか

チャン・グンソクの兵役延期のリミットは12月31日?

義務警察は本当に廃止されるのか

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る