続報!イ・ジュンギのブラックリスト問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2008年2月から5年間にわたって韓国を率いた李明博(イ・ミョンバク)政権でも、政府に批判的な文化人・芸能人をリストアップしていたことが発覚し、そのブラックリストにイ・ジュンギも載っていた。この問題は次々に新しい事実が明らかになっている。

「僕は大丈夫。心配しないで」

国民の厳しい糾弾を受けて弾劾された朴槿恵(パク・クネ)前大統領。彼女が政権を担っているときに、政府に批判的な文化人・芸能人を抑圧する目的でブラックリストが作られていたが、それは李明博政権でも作成されていたことが明白になった。




ブラックリストに名前が載っていた人は合計で82人。内訳は文化人6人、映画監督52人、放送人8人、歌手8人、俳優8人となっている(映画監督の人数が突出しているのは、保守政権に批判的な人が多かったからだ)。
そして、俳優の中にイ・ジュンギが含まれていた。
多くのファンがとても心配しただろうが、その人たちに向けてイ・ジュンギは次のようなメッセージを寄せていた。
「僕は大丈夫。心配しないで。みんな、ありがとう。送ってくれた慰めの言葉を読んで、とても感動しました」
気丈にふるまうイ・ジュンギ。内心ではショックが相当に大きかっただろう。(ページ2に続く)

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

https://goo.gl/KBWDB5

イ・ジュンギの兵役延期の不可はブラックリストに載ったからなのか?

検証!イ・ジュンギの兵役強制入隊とブラックリスト問題

イ・ジュンギはなぜブラックリストに名前が載ったのか

イ・ジュンギ 「美しすぎる男」の成長の軌跡

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る