チャン・グンソクの兵役延期のリミットは12月31日?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チャン・グンソクは兵役について何も語らないので(8月31日現在)、彼の状況がどうなっているかは今のところわからない。しかし、現実的に延期のリミットが近づいているのは確かだ。そのあたりの状況を考えてみよう。

HAxfOidU8ToxqSp1504225396_1504225526

兵役では年末までが30歳扱い

チャン・グンソクは8月4日で、満30歳になった。
この年齢は兵役にとってはどうなのだろうか。
韓国の兵役法には、「30歳を超えて兵役は延期できない」という歴然たる規定がある。この条文をそのまま解釈すると「事情によって30歳までは延期できるが、31歳以降は延期できない」ということになる。




この場合の年齢の計算方法だが、兵役に関しては独特である。
どういう計算方法をするかというと、「現在年-出生年」で出した年齢をその年の1月1日から12月31日まで適用するのである。
チャン・グンソクに当てはめると、「2017年-1987年=30歳」となり、兵役上では今年の1月1日から12月31日までが30歳という扱いになる。ということは、兵役法に「30歳を超えて延期できない」という規定があるので、チャン・グンソクは12月31日まで兵役に就かなければならないことになる。(ページ2に続く)

「韓流スターと兵役」入門講座/第1回

「韓流スターと兵役」入門講座/第2回

〔再掲載〕ヒョンビンとソン・スンホンとソン・ジュンギの共通点は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る