韓国で芸能人が卑下されてきた歴史的な背景とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

世界的なスターを生み出している韓国の芸能界。そのあこがれの世界を夢見る子供たちは多いのですが、いまだに韓国社会では芸能人を低く見る風潮が残っています。そこには、どんな歴史的背景があるのでしょうか。

VWSWX8FylB9_cRk1503279070_1503279111

 

儒教国家であった影響

社会的に芸能人が卑下される傾向にあったのは、1392年から1910年まで続いた朝鮮王朝の影響が現代韓国にも強く及んでいたからです。
そこで、朝鮮王朝時代の芸能について考えてみましょう。
儒教国家であった朝鮮王朝は芸能を低く見ていました。




朝鮮王朝では文人の素養として音楽、絵画、書など一部の芸術を尊重しましたが、庶民が楽しめる大衆芸能の地位は他の国では見れないほど低いものでした。
朝鮮王朝の前の高麗王朝では仏教が重んじられたため、その礼式としての舞や歌、音楽などが重視され、人形劇や演劇なども盛んでした。日本や中国でもそうでしたが、仏教はもともとその教理を音楽や歌、踊り、語り、演劇などの芸能を通して広めるという伝統を持っていたのです。(ページ2に続く)

韓国で芸能界をめざすのはハードルが高すぎる

韓国におけるアイドルグループの作られ方

現代韓国の問題点/韓国の今を考える1

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る