張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期!『トンイ』と史実はこんなに違う

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライバル対決の終わり

ドラマの展開上は、張禧嬪がトンイにぶざまに屈伏する形になった。それを象徴するのが、張禧嬪がトンイの服のすそをつかみながら「せめて世子だけは守って」と懇願する場面だった。
史実ではありえない話だ。
しかし、ドラマではここが見せどころになっている。




「自尊心が強くて高慢で嫉妬深い女性が、謙虚で思いやりがあって明るい女性をとことんいじめ抜くが、最後の最後になって自分の負けがわかるとぶざまにひざまずく」
このように立場が逆転する展開は、現代劇でも時代劇でも、「ドラマの王道」と言ってもいい。
その王道に忠実に『トンイ』は制作され、張禧嬪の最期をもって2人のライバル対決は終わったのである。
歴史書に残る史実では、張禧嬪が死罪になる前に淑嬪・崔氏に会った形跡はまったくないのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
講座『美女と悪女たちの朝鮮王朝…韓流時代劇のオモテとウラを探る』開催。トンイとチャン・ヒビンなど時代劇によく出てくる美女と悪女の真の姿を解説します。2020年3月6日(金)19時〜20時30分。会場は新宿。受講料3,000円(税込)。詳しくは以下のリンクを見てください。
https://blog.goo.ne.jp/blueguide/e/beae828ffdff248b1c21bbab456e7590

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5
https://goo.gl/LRSwB8

淑嬪崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女物語2
https://goo.gl/oAuy2M

貞明(チョンミョン)公主/朝鮮王朝美女物語6
https://goo.gl/CREXRW

ページ:
1 2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る