韓国人が考える本当の「謝罪」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

隣国同士で共通の生活習慣があるとはいえ、歴史的に培ってきた価値観には違いがある。「謝罪」の受け取り方も、その一つではないだろうか。日本と韓国の謝罪の概念はどのように違うのだろうか。

KIMG0453

日常生活での違い

地下鉄を何度も乗り継いで目的地に向かうと仮定する。
ソウルと東京の両方で経験したことを言うと、「人が謝っている光景」というのは、東京のほうがずっと多いと実感する。すれ違って人に触れたとき、車内が揺れて隣人の足を少し踏んだとき、誰かから道を尋ねられてもわからなかったとき……いくつかの場面では、間違いなくソウルより東京のほうが人に謝っている。これは、あくまでも経験上の話だ。普遍的に言っているわけではない。
韓国から来た友人が言う。




「日本人はいつも謝っている。なぜ、そこまで……」
私は根拠もなく答える。
「人に呼びかけるときの言葉が『スミマセン』だからね。いつも謝っている印象をもたれてしまうんだ」
友人は「韓国とは違うね」と苦笑いしていた。(ページ2に続く)

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

我慢を強いられる犠牲的な人生/韓国ドラマが描く女性像1

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る