『ワン・デイ』に主演したキム・ナムギルの演技に魅せられた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

7月29日からシネマート新宿とシネマート心斎橋で公開されている映画『ワン・デイ悲しみが消えるまで』(以下、『ワン・デイ』と表記)。この映画について主演のキム・ナムギルは「観客のみなさんが、温かさを感じて癒されたりしながら、勇気を得られる作品になるといいと思います」と語っている。

(C)2017 INVENT STONE ALL RIGHTS RESERVED

(C)2017 INVENT STONE ALL RIGHTS RESERVED

俳優にとって対極のキャラクター

映画は誰のものか。
制作の総指揮をとるプロデューサーのものか。
作品の出来に全責任を負う監督のものなのか。
いや、『ワン・デイ』に関して言うと、この映画はキム・ナムギルのものだった。




そう思わせる根拠は何か。それは、『ワン・デイ』で見せた彼の演技が、他の俳優のイメージが入り込む余地がないほど完全だったからだ。
映画の中でキム・ナムギルが演じたガンスは、最初は、タガがゆるんだ無気力な男として登場する。
妻を失って憔悴するガンス。しかし、妻を目の前で送ることに耐えられず、葬儀に欠席して義弟に殴られる。
会社でも、保険会社の調査官を担当しながら、服装は乱れ、夜には大酒をくらっている。どう考えても、ダメな男だ。
こういう役柄は難しい。俳優にとっては対極に位置するキャラクター設定だからだ。(ページ2に続く)

最新公開映画紹介!『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る