消えた「朴正熙の亡霊」/今の韓国を考える7

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の憲法第1条2項には「大韓民国の主権は国民にあり、すべての権力は国民から来る」と決められています。大統領は国民から一時的にその権力を任されただけの存在です。しかし、朴槿恵(パク・クネ)と崔順実(チェ・スンシル)の事件によって、韓国では国の主体である国民の大事な権利が侵害されたと多くの人が感じました。

_PwnBCTEPDZTghU1501545228_1501545283

血と涙で権利を勝ち取った

実際、あの事件が起きてから、書店では憲法に関する本の売り上げが大幅に上がりました。また、憲法を勉強しようという人も増えて、憲法勉強会もよく開かれています。自分たちの権利をもっと詳しく知り、それを守ろうとしているのです。
これは今に始まったことではありません。韓国の国民は幾度も権力者と戦って自分たちの権利と尊厳を守りました。
1960年、初代大統領の李承晩(イ・スンマン)が法を犯してまで独裁政権を続けようとしたときも4月革命を起こし、命をかけて戦いました。朴正熙(パク・チョンヒ)の恐怖政治のもとでも民主抗争でその間違いを正そうとしました。そして、1987年6月にはついに全斗煥(チョン・ドゥファン)の軍事独裁政権を打倒したのです。




韓国の人たちは血と涙で自分たちの権利を勝ち取り、尊厳を守ってきました。
それなのに、朴槿恵と崔順実が起こした事件は、他のどんな事件よりも政治的に混乱を引き起こしました。
それによって、何が起きたでしょうか。(ページ2に続く)

現代韓国の問題点/韓国の今を考える1

韓国の若者の世代的な特徴は?/韓国の今を考える2

政治参加する韓国の女性たち/今の韓国を考える4

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る