あの「週刊文春」が大きく取り上げたTWICEの関西3人娘!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「文春砲」という流行語を生んだ「週刊文春」。スクープを連発して、今の日本で一番読まれている総合週刊誌だ。その「週刊文春」が8月3日号でTWICEを大きく扱っている。取り上げられたのは関西出身の3人だ。

DSC_5776

簡潔でわかりやすく紹介

「週刊文春」といえば、政治や芸能のスクープが多い人気週刊誌。その「週刊文春」がTWICEを大きく報じるということの意味は大きい。
まず、「週刊文春」は『「中卒で韓国へ」TWICE 日本人メンバーの履歴書」と題した記事の中で、彼女たちについて次のように書いている。




「TWICE」は韓国人五人、日本人三人、台湾人一人の多国籍ガールズグループと
して二〇一五年にデビュー。グループ名は「いい音楽で一回、素晴らしいパフォーマン
スで二回魅了」する、という意味。韓国で代表曲「TT」などヒットを連発、人気が爆
発した。

まずは、日本でTWICEを知らない読者に向けて、簡潔でわかりやすく彼女たちを紹介している。(ページ2に続く)

防弾少年団が世界で人気を博す5つの理由

防弾少年団の見事な戦略性と適応力!「ズッコケ」も満点

輝かしい栄光をつかんだソン・ジュンギ

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る