人生を豊かにする珠玉の名セリフ3

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人気になる韓国時代劇には、作品の格にふさわしい名セリフが多い。その象徴的な作品が、『王女の男』と『宮廷女官 チャングムの誓い』である。今回の名セリフにも、さすがと思わせる含蓄がある。

◆『王女の男』

「生き抜いて、私を殺しに来てください」

ドキッとする言葉である。
しかし、その真意がわかると、言った人の気持ちがよくわかる。
言った人というのは、『王女の男』のヒロインのセリョン(ムン・チェウォン)だ。彼女は、甥から王位を奪う非道な首陽(スヤン)の娘である。
セリョンにそう言われたのは、主人公のスンユ(パク・シフ)だ。彼の父は首陽に殺された。いわば、愛するセリョンは父の仇の娘なのだ。
復讐を誓うスンユだが、捕らわれて牢獄に入れられてしまう。処刑は免れない。その牢獄にセリョンが訪ねてくる。




セリョンの素性を知ったスンユは彼女の首をしめようとする。それは憎悪のなせるわざか。あるいは、騙されたことの腹いせなのか。
しかし、セリョンは愛するスンユのことだけを考えている。「私を殺しに来てください」と言えば、スンユが執念を燃やして、なんとしてでも生き抜くかもしれない。
「どんな形でもいいから、生きていてほしい」
その願いを込めて、セリョンは恐ろしい言葉を言ったのだ。
セリフの迫力に圧倒される。(ページ2に続く)

人生を豊かにする珠玉の名セリフ1

人生を豊かにする珠玉の名セリフ2

『太陽の末裔』にハマる7つの理由

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る