人生を豊かにする珠玉の名セリフ3

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人気になる韓国時代劇には、作品の格にふさわしい名セリフが多い。その象徴的な作品が、『王女の男』と『宮廷女官 チャングムの誓い』である。今回の名セリフにも、さすがと思わせる含蓄がある。

◆『王女の男』

「生き抜いて、私を殺しに来てください」

ドキッとする言葉である。
しかし、その真意がわかると、言った人の気持ちがよくわかる。
言った人というのは、『王女の男』のヒロインのセリョン(ムン・チェウォン)だ。彼女は、甥から王位を奪う非道な首陽(スヤン)の娘である。
セリョンにそう言われたのは、主人公のスンユ(パク・シフ)だ。彼の父は首陽に殺された。いわば、愛するセリョンは父の仇の娘なのだ。
復讐を誓うスンユだが、捕らわれて牢獄に入れられてしまう。処刑は免れない。その牢獄にセリョンが訪ねてくる。




セリョンの素性を知ったスンユは彼女の首をしめようとする。それは憎悪のなせるわざか。あるいは、騙されたことの腹いせなのか。
しかし、セリョンは愛するスンユのことだけを考えている。「私を殺しに来てください」と言えば、スンユが執念を燃やして、なんとしてでも生き抜くかもしれない。
「どんな形でもいいから、生きていてほしい」
その願いを込めて、セリョンは恐ろしい言葉を言ったのだ。
セリフの迫力に圧倒される。(ページ2に続く)

人生を豊かにする珠玉の名セリフ1

人生を豊かにする珠玉の名セリフ2

『太陽の末裔』にハマる7つの理由

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る