『7日の王妃』の燕山君(ヨンサングン)と晋城(チンソン)大君の関係は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2カ月後に絶命

燕山君は、クーデター軍が王宮に侵入したのを知って、ブルブル震えるばかりだった。側近たちも「外の様子を見てまいります」と言うと、脱兎のごとく王宮から逃げ出した。こんな有様では、クーデターが簡単に成功するのも無理はなかった。
燕山君を王宮から追放したクーデター軍は、晋城大君に対して正式に国王就任を要請した。しかし、晋城大君は拒み続けた。
「君たちが国家のために行動を起こすことは当然だが、私は実に不徳が多い人間である。私に国王が務まるとは、どうしても思えない」
そう言って何度も晋城大君は国王就任を辞退したのだが、もはや拒絶が不可能ということを悟り、最後になってようやく国王になることを決意した。




こうして、晋城大君は11代王の中宗(チュンジョン)になった。
彼は第一声を発した。
「近年、王が道理を失い、民心が窮していたのに余は救済できなかった。しかし、幸福にも文武の臣たちが朝廷と民に対する重責を担い、余が即位することになった」
朝鮮王朝では誰もが「万歳!」と叫んで、中宗の即位を歓迎した。燕山君の暴政が終わった解放感はかくのごとく大きかったのである。
廃位となった燕山君は流罪先の江華島(カンファド)で2カ月後に絶命した。あまりに突発的な死亡だったので、「毒殺されたのでは?」という疑惑が残った。
王となった晋城大君と廃位させられた燕山君。あまりに対照的な異母兄弟であった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化や日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

話題作『7日の王妃』の歴史背景が面白い

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(10代王・燕山君編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(張緑水編)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(11代王・中宗編)

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る