6・29民主化宣言から30年!韓国を劇的に変えた市民革命(中編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般の市民も積極的にデモに参加

最終的に、彼は歴史の汚名を浴びることに躊躇した。やがて側近を集め、午前中に決意した軍の介入を取り消すことを伝えた。まさに紙一重の分かれ目となった。
もちろん、歴史に「もし」は不要だが、あえて想像力を働かせてみたい。もし全斗煥がアメリカの忠告を無視して軍の介入を強行したらどうであったか。韓国は再び暗黒の時代に戻っていただろうか。
答えはノーである。
まず、与党から次期大統領候補に推挙された盧泰愚(ノ・テウ)自身も、軍の動員に強く反対する立場をもっていたし、そのことを全斗煥にも伝えている。しかも、その意見は当の軍部の中でも大勢を占めるほどになっていた。
特に軍の上層部に抜擢されていた若手将官たちは国民のデモに理解を示し、強圧的に取り締まるべきではないと思っていた。
つまり、全斗煥がアメリカ側の意向を無視して軍の介入を決めたとしても、それがそのまま実行される可能性はむしろ少なかった。全斗煥自身が自らの悲劇を増幅させる可能性のほうが高かったのだ。




それは、軍部の意識改革を示すものであった。軍内部で軍の動員に否定的な意見が出ること自体が、韓国社会の劇的な変化を示している。すでに飛躍的な経済発展を通して、国民の間に成熟した政治意識が芽生えていた。民主化を押さえつける政治姿勢だけが古臭いものになっていたのである。
このときの民主化闘争の大きな特徴は、学生だけでなく一般の市民も積極的にデモに参加したことだった。これが重要なことであり、デモが尻すぼみに終わらない最大の理由でもあった。
豊かな生活を実感するようになった市民は、さらに高い理想を求めるようになり、その最大の目標として真の民主化を願っていた。その政治意識の高まりは、何よりも軍部の若手指導者層にも波及していたわけである。
「武力に頼るのではなく、対話による解決をはかるしかない」
その重大な事実にようやく気づいた与党の民正党は、野党との対話路線に歩みを進めた。20日になって民正党代表委員の盧泰愚は「私はどのような地位にも恋々としない。事態を政治的に解決するために自分のすべてをかける」と述べて、全斗煥に在野の指導者たちと積極的に対話の場をもつように建議した(後編に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る