6・29民主化宣言から30年!韓国を劇的に変えた市民革命(中編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

レーガン大統領の親書

全斗煥(チョン・ドゥファン)の苛立ちもつのる一方だった。6月19日の朝、激しい反政府運動に業を煮やし、軍を出動させる腹を固めた。
「政党を解散させ、デモに参加している学生を逮捕し、政治犯は残らず軍事法廷に引っ張りだす」
全斗煥は国防相や軍首脳を集めて、翌日の早朝にデモ鎮圧の軍を出動させる意向を明らかにした。その最終決断を同日(19日)の午後5時にする予定だった。その直前に持ち込まれたのがレーガン大統領の親書だった。
「反政府運動に対して過剰な対応をしないように自制を求めると同時に、問題解決のために野党勢力と対話を進めてほしい」
そういう忠告だった。
アメリカは全斗煥を刺激しないために、レーガンが友人に手紙を書くという形でゆるやかに説得しようとしたのである。親書では、一応は平和的政権委譲を進めようとしている全斗煥の政治姿勢を称賛し、その立場を最後まで支持することを書き添えた。ただし、穏やかな表現が綴られていたとはいえ、全斗煥が強硬手段を取ればアメリカも断固たる措置を取るという決意も言外ににじませていた。




実はこのレーガン親書を韓国側に手渡すために、駐韓アメリカ大使館側は17日から何度も全斗煥との面会を求めたのだが、韓国政府は多忙を理由に回答を先送りにした。しかし、アメリカ側の執拗な要請に応えざるをえなくなり、19日の午後になってようやく全斗煥はリリー駐韓アメリカ大使との面会を受け入れたのである。
この時点ですでに全斗煥は軍の介入を決意していた。リリー大使はそのことを察し、誠意を込めて全斗煥を説得した。自制を求めるレーガン親書を渡し、さらに軍を介入させれば米韓の同盟関係に決定的な亀裂が生じることを警告したのである。
リリー大使の話を熱心に聞いていた全斗煥は即答をさけ「検討する」と述べて会見を打ち切った。
それから1時間。全斗煥は孤独の中で最後の決断を強いられていた。彼は師である朴正熙のことを考えた。その悲劇的暗殺は無残だった。ここで軍を介入させて戒厳令を強行すれば、平和的政権委譲を果たそうとした自分の夢が完全に崩壊してしまう。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る