東方神起のユンホ!復帰作に『メロホリック』を選んだ理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

4月20日に兵役を終えて芸能界に戻ってきた東方神起のユンホ。復帰を飾るドラマとして選んだのが『メロホリック』だ。このドラマに主演することの意味はどんなところにあるのだろうか。

527mbxdLjIxvDVN4qA1495786073_1495786169

兵役を通して評価を高めた人たち

ユンホが現役兵として第26師団の軍楽隊に所属している当時から、彼の所属事務所には多くのドラマの出演オファーが届いていたはずだ。特級戦士に選ばれるほど優秀な兵役活動を履行したユンホは、芸能界を不在にしていながら、実はその評価をさらに高めていた。




それは、韓国独特の情緒に依っている。つまり、兵役期間というのは、その人の人間性を見極める試金石になるのだ。特に、芸能人の場合がそうだ。人気者であればあるほど、国民は兵役の実態を注視している。そして、ユンホの場合は、その試練に見事に合格したというわけなのだ。
過去の芸能界では、訓練が一番厳しい海兵隊を志願したヒョンビンと、軍事境界線の近くで立派に軍務をやりとげたソン・ジュンギが、世間からも大いに称賛されたのだが、それはユンホも同様だった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る