新大久保で実感した「今後の韓流の可能性」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今、韓国では空前の日本旅行ブームである。昨年は過去最高の509万人が日本にやってきた。なんと、その割合は国民の10人に1人以上である。その数字だけでも凄いのに、今年はさらに増えている。たとえば、4月に日本を訪れた韓国人は前年比で56.8%も増えている。すさまじい増加率だ。

mm5P5x66Rr2Zfpo1495246220_1495246281

新大久保で韓国の雰囲気を味わう

これほど多くの国民が日本に行っている国が、果たして反日だろうか。いかに一部のマスコミによって、韓国の日本観が歪められているかがよくわかる。
逆に、日本から韓国へ行く人の数は伸び悩んでいる。これは、北朝鮮の問題が特に関係している。
「韓国に行きたいけれど、北朝鮮の緊張が増して家族に反対された」
そういう韓流ファンの声を何度も聞いている。




確かに、新聞で連日報道される北朝鮮の挑発問題を考えれば、韓国行きに慎重になるのも無理はない。
ならば、せめて韓国の雰囲気だけでも……。
そう考える人たちが新大久保に出掛けている。(ページ2に続く)

超人気のチーズタッカルビを新大久保で食べてみた!

新大久保散策ルポ(2017年5月16日)

5月の新大久保が絶好だと言い切れる4つの理由

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る