韓国の食卓に並ぶ日常的な料理とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の人は毎日のように高価なカルビや宮廷料理を食べているわけではない。それでは、普段、韓国の人たちは自宅でどんな食事をしているだろうか? とても気になる料理を一つずつ紹介しよう。

キムチ

キムチ

Q-5D

のり

作り置きしたおかずが多い

韓国の人たちが自宅で食事をするときは、「ご飯」「スープまたはチゲ」「キムチ」の3種類が基本で、その他におかずを3~5品用意するのが一般的。それは、3パンサン(飯床/膳立てという意味)とか、5パンサンと呼ばれている。これらは作り置きしておいたものが多いので、数が多い割にはそれほど手間がかからない。
それでは、ふだん食卓に並ぶ代表的な料理を一つずつ説明しよう。




〔キムチ〕
言わずと知れた韓国の代表的なおかず。多くの家庭で毎日の食卓に登場している。
漬け込むときに、イカや牡蠣などの魚介類を使うこともあり、さらに、漬け込むお母さんの手の味までが加わって、各家庭でキムチの味は微妙に異なる。韓国ではある程度キムチを発酵させ、酸っぱくしてから食べる場合が多い。

〔のり〕
日本でもおなじみとなった韓国のり。乾燥させた岩のりを焼き上げ、ごま油と塩で味付ける。
ご飯にもお酒にもよく合うので、一般家庭はもちろんのこと、食堂や飲み屋、屋台などでもよく出される。
また、のり巻きにも多用されるので、韓国での消費量はかなり多い。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る