キム・ナムギル!素敵な非日常を風のように運んできた俳優

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

キム・ナムギルが来日して、『2017 KIM NAM GIL FAN MEETING in JAPAN - ROAD SHOW The Way-』を開催した。4月23日がグランキューブ大阪で、4月25日が埼玉のソニックシティ大宮だった。今回は4月25日の開催をリポートしよう。

R1_0227

ナイーブな性格を反映

俳優は虚像を堂々と演じる。
特に、美しい虚像には、見る人を別世界に誘う魔力がある。
4月25日、ソニックシティ大宮に集まったのは、キム・ナムギルの魔力によって別世界に誘われた人たちだった。
そして、今度は観客となり、キム・ナムギルの虚像ではなく、実像を目の当たりにしたのである。
その実像とは?




この日のイベントは、第1部がトーク中心で、第2部がライブステージだった。
第1部のトークでは、キム・ナムギルの日常生活が垣間見える身近なテーマが多くて、彼の人柄を彷彿させた。
特に感心したのは、質問に答える彼の声の質感だ。
韓国の人気男優は、概して声が低音で魅力的なのだが、キム・ナムギルの声は、さらに哀愁を感じさせてくれる。
しかも、ナイーブな性格を反映して、そのトーンに恥じらいがある。その声を聞いていて、女性ファンがウットリするのもよくわかる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る