東方神起ユンホの除隊で何が見えてきたか(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

前回は、東方神起のユンホが4月20日に第26師団を除隊したときの様子について、本サイトにユンホ関連記事を書いている「M.TAKAHATA」と「康熙奉(カン・ヒボン)」が話し合った。今回はその後編だ。

 

成し遂げたことの裏にある努力

康熙奉(以下、Kと表記)「ファンの前でユンホが除隊の挨拶をしましたが、彼が挨拶を終えて去ったあと、ファンの反応はいかがでしたか」
M.TAKAHATA(以下、Tと表記)「温かい感じでした。無事に除隊を迎えた姿を確認して、また直接ユンホからの挨拶を聞いて、ファンも安心したのだと思います。ゴミ拾いをしている人もいて、当たり前のことかもしれませんが、その行動がとても素敵だと思いました」




K「彼は入隊時に『素敵な怪物になって帰ってきます』と宣言しました。どんなところが素敵な怪物だったと実感しますか」
T「感じ方ははそれぞれだと思うんですが……。まず、軍に服務する者としては、最優秀訓練兵になり、さらに特級戦士にもなりました。軍楽隊のこともしながら、ここまで成し遂げるのは並大抵ではなかったでしょうね。韓国の男性に言えば、みんな一様に驚き、大したものだと感心しますね」
K「そうでしょうね。なによりも、成し遂げたことの裏にある努力に驚きます。努力なくして怪物にはなれない、ということでしょう」(ページ2に続く)

東方神起ユンホの除隊で何が見えてきたか(前編)

東方神起ユンホが兵役で悩む若者に勇気を与えた

粛清(スクチョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝7
https://goo.gl/RtVNwh

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る