東方神起ユンホの「堂々たる除隊」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

4月20日の午前、東方神起のユンホは第26師団から除隊した。楊州(ヤンジュ)には多くのファンが集まってユンホを出迎えた。その感動の瞬間をリポートしよう。

10251492655401900

各国から集まった大勢のファン

東方神起のユンホが21カ月ぶりに帰ってきた。
2017年4月20日の午前7時前、吐く息が白い。
第26師団の正門向かい側に設けられた「ユンホの挨拶」のための一角。そこに、続々とファンが集まり、その数がどんどん増えていく。
ファンの有志が的確に指示を出して、みんなが整然と並んでいるその間にも、次々とファンが到着していた。




あまりのファンの多さに横断幕が見えにくくなり、「地面に並べても良い」ということになった。
それでも並べきれない横断幕があちこちに取り付けられていた。
その頃には、各国から集まったファンは1000人を越えたようだった。
ファンには、用意されたバナーや「東方神起」とプリントされた赤い風船が配られ、今日の主人公ユンホを待つだけになった。(ページ2に続く)

東方神起ユンホの除隊後の兵役について

韓国では東方神起ユンホの兵役活動をどう評価した?

東方神起ユンホの兵役活動を高く評価する3つの理由

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る