チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016年に韓国で放送された『テバク~運命の瞬間(とき)~』は、スケールが大きい本格時代劇である。ただし、ドラマに出てくる時代背景がちょっと複雑なので、そのあたりを簡潔に説明しておこう。

777

粛宗をめぐる女性たち

物語を序盤からグイグイ引っ張ったのが、名優チェ・ミンスが演じた19代王・粛宗(スクチョン)だった。この粛宗はどんな王であったのか。
粛宗には合計で4人の正室がいた。
最初の正室は仁敬(インギョン)王后だったが、天然痘のためにわずか19歳で亡くなっている。




二番目の正室は仁顕(イニョン)王后で、人格が優れていて多くの人から慕われたが、子供に恵まれなかったために、次第に粛宗の寵愛を失っていった。
代わって、粛宗に気に入られたのが張禧嬪(チャン・ヒビン)であった。彼女は一介の宮女にすぎなかったが、巧みに粛宗に近づき、ついには粛宗との子を成して宮中での権勢をほしいままにした。(ページ2に続く)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」
https://goo.gl/Nd14i6

昭顕(ソヒョン)世子は人質から帰国直後に毒殺された
https://goo.gl/7HChZe

昭顕(ソヒョン)世子毒殺事件の真相!
https://goo.gl/G2E0cJ

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る