韓国の大物俳優!名門大学の演劇関連学科出身者が多い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の俳優たちの略歴を見ていると、多くの共通点を見つけることができる。大学の演劇・映像学科を卒業(あるいは在学)している俳優が圧倒的に多いのだ。これは日本の芸能界とは明らかに違う点だ。

東国大学のキャンパス

東国大学のキャンパス

芸能分野の学科が多い

俳優という職業に特別な学歴が必要なわけではない。
それでも、韓国の場合は学歴を重視する伝統が社会に根づいていて、その風潮がはっきりと俳優の世界にも及んでいる。
しかも、人気商売であるだけに「自分をブランドにしたい」という気持ちがどの俳優にも強い。そのブランドの最たるものが、名門大学の演劇学科や映像学科の出身という切り札だ。




韓国には演劇、映画、放送に関する専門学部を設置する大学が非常に多く、その数は40前後もある。これはすごい数だ。
それだけ、芸能分野も学術的に体系化されているのだ。
その中に自分自身を組み込むことが俳優になる第一歩だ。したがって、俳優になりたけばまずはガリ勉に徹して、ひたすら大学受験をめざすのである。(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!
https://goo.gl/ddM1uj

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」
https://goo.gl/Nd14i6

昭顕(ソヒョン)世子は人質から帰国直後に毒殺された
https://goo.gl/7HChZe

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る