義務警察の広報団!その服務の実態は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2013年に芸能兵が廃止になってしまったあと、芸能人にとっては、義務警察の広報団が兵役の履行にふさわしい組織になっている。その広報団では、いったいどんな活動をするのだろうか。

広報団は啓蒙活動のためのステージが特に多い(写真=釜山地方警察庁の公式サイトより)

広報団は啓蒙活動のためのステージが特に多い(写真=釜山地方警察庁の公式サイトより)

3週間の新人教育プログラム

義務警察の広報団に入るとしても、なにごとも手順がある。あくまでも、義務警察は兵役の代替服務なので、対象者も厳格に義務を果たさなければならない。
まず、兵役入りした人は、最初に4週間の新兵訓練を受けて、軍人としての規律と専門技術を習得する。それが終了すると、今度は警察が管轄するセンターで、専門の教育を受ける。




なお、この教育センターは全国に10カ所ある。
各地のセンターでは3週間の新人教育プログラムが作られている。それに沿って、各人は「警察で働くための心構え」「規則正しい生活のための管理意識」「装備の点検と使い方」「交通勤務訓練」「デモ隊への対処」「交番勤務訓練」「救急法の習得」などを身につけていく。(ページ2に続く)

新兵訓練を終えて義務警察に入るとどうなる?

貞明公主!結婚式での有名なエピソード
https://goo.gl/VjwFvB

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1
https://goo.gl/NaTqJe

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3
https://goo.gl/wTfhz9

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る