[再掲載]「華政」に登場!流刑地で世を去った光海君(クァンヘグン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後は済州島に……

光海君の取り巻きが王の威光を利用して国政を乱し、役人たちの間で賄賂が横行してしまった。
金さえあれば、官位・官職を得やすいという風潮が生まれ、民衆の間からは怒りの声が上がった。
光海君は兄の臨海君(イメグン)と異母弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺し、義母(父・宣祖の二番目の正妻・仁穆〔インモク〕王后)を廃妃にした。




朝鮮王朝では常に権力闘争が激しく、権謀の末の政権交代がよく起こった。光海君の行ないも反対派に恰好の口実を与えることになり、1623年、光海君はクーデターによって王の座を追われた。
そして、家族とともに都を追放され、最後は済州島に流された。
行き先は告げられていなかった。船の周りに幕を張って、方向がわからないようにしてあったのだ。(ページ3に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(仁穆〔インモク〕王后編)

ページ:
1

2

3

関連記事

ページ上部へ戻る