[再掲載]「華政」に登場!流刑地で世を去った光海君(クァンヘグン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後は済州島に……

光海君の取り巻きが王の威光を利用して国政を乱し、役人たちの間で賄賂が横行してしまった。
金さえあれば、官位・官職を得やすいという風潮が生まれ、民衆の間からは怒りの声が上がった。
光海君は兄の臨海君(イメグン)と異母弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺し、義母(父・宣祖の二番目の正妻・仁穆〔インモク〕王后)を廃妃にした。




朝鮮王朝では常に権力闘争が激しく、権謀の末の政権交代がよく起こった。光海君の行ないも反対派に恰好の口実を与えることになり、1623年、光海君はクーデターによって王の座を追われた。
そして、家族とともに都を追放され、最後は済州島に流された。
行き先は告げられていなかった。船の周りに幕を張って、方向がわからないようにしてあったのだ。(ページ3に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(仁穆〔インモク〕王后編)

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

ページ上部へ戻る