仁祖(インジョ)の生涯4!綾陽君(ヌンヤングン)の即位

このエントリーをはてなブックマークに追加

第4回(最終回) 仁祖の歴史的な評価

1646年1月3日に起こったアワビ毒物事件。その容疑者にされてしまったのが、仁祖の長男・昭顕(ソヒョン)の妻であった姜(カン)氏だった。高官たちは姜氏の無実を主張したが、仁祖は聞く耳を持たなかった。姜氏は3月13日に実家に戻されてしまい、最後には自害せざるをえなくなった。

gHL_feH26ncfaeU1487810040_1487810063

滅ぼされた長男一家

夫を殺されて自分も死罪。姜氏は無念の中で死んでいった。
そのあとの悲劇も凄まじかった。
姜氏の母や兄弟たちは無惨にも処刑されてしまい、息子3人は済州島(チェジュド)に流された。




それだけではない。
息子3人のうちの2人は暗殺のような形で絶命している。仁祖や趙(チョ)氏の暗躍があったに違いない。
まさに、一家が滅ぼされてしまったのだ。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

朝鮮王朝おどろき国王列伝3/仁祖〔インジョ〕

綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る