仁祖(インジョ)の生涯3!綾陽君(ヌンヤングン)の即位

このエントリーをはてなブックマークに追加

作られた冤罪

誰が毒物を料理に盛ったのか。
徹底的な捜査が行なわれ、容疑者にされてしまったのが姜氏だった。
姜氏に付いている女官が何人も拷問にかけられ、その内の1人が耐えかねて、姜氏の関与をほのめかした。
それを根拠にして、仁祖は姜氏に死罪を命じた。




しかし、高官たちから反対意見が続出した。
「姜氏が毒を盛るはずがありません」
誰の目から見ても、姜氏の無実が明らかだったのだ。
これは作られた冤罪であった。
裏で趙氏が暗躍していたに違いない。

(第4回に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

朝鮮王朝おどろき国王列伝3/仁祖〔インジョ〕

綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

ページ:
1 2 3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る