貞明(チョンミョン)公主の生涯8!『華政』(ファジョン)の主人公

このエントリーをはてなブックマークに追加

第8回 貞明公主の苦難

仁穆(インモク)王后が亡くなってから貞明公主に急に冷たくなった16代王・仁祖(インジョ)。彼は貞明公主が呪詛(じゅそ)をしているという疑いを持ったが、周囲の説得によって貞明公主への処罰を取り止めている。しかし、仁祖の疑心は一向に晴れなかった。

iwKleJx4agoMPPG1486975026_1486975069

二度目の疑心暗鬼

仁祖が、貞明公主の呪詛を最初に疑ったのは、仁穆王后が亡くなった1632年だった。それから7年後、再び仁祖は貞明公主に疑いの目を向けた。
そのきっかけは、前回同様に仁祖が原因不明の病に苦しんだことだった。体調の悪化とともに再び仁祖は疑心暗鬼となり、寝殿の近くに呪詛物(人骨や小動物の遺骸など)がないかを大々的に調べさせた。




すると、大量の呪詛物が発見された。
「やはり、そうであったか」
自分の勘が当たったことに自信を持ち、仁祖は貞明公主に従っている女官たちを厳しく尋問し始めた。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯9!『華政』(ファジョン)の主人公

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執
https://goo.gl/Imwzll

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?
https://goo.gl/q7WhBu

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る